睡眠障害について

睡眠障害について

睡眠障害というと不眠症のことだと思われがちですが、その他にも「過眠症」「呼吸障害」「運動障害」など細かく分類するともっと多くの症状があります。眠れないだけが睡眠障害ではないのです。睡眠は人間にとってとても大切なもので、疲労回復はもちろんのことですが記憶の定着、免疫機能の強化などの為にはとても重要な役割を持っているのです。
一番有名なのが不眠症ですが「中々眠れない」「何回も目が覚める」「朝早くに目が覚めてその後眠れない」「熟睡した感じがしない」といったものが挙げられます。過眠症とは夜しっかり寝たはずなのに日中に強い眠気に襲われることを言います。しかしあまりこの症状が出る人は多くないようです。呼吸障害は一時期有名になった無呼吸などが当たり、運動障害は足がムズムズしたりピクピク動くのだそうです。その他にも夢遊病や金縛り、いびきや寝言なども睡眠障害の一つと言えるのです。
中には薬で治療できる症状もあるので一度病院に行き相談してみるのも一つの方法と言えます。
あと、サプリメントも良いと思います。

マットレスを変えただけで睡眠障害が治るかも

夜布団に入ってもなかなか寝付けないのは、非常につらいことです。
たまにそうなるのなら、お昼寝などで睡眠不足を補うことができるかもしれません。しかし毎日のように不眠が続くなら、体力も気力も奪われます。どのようなことが睡眠障害の原因になっているかを考えてみましょう。意外なことかもしれませんが、睡眠障害 マットレスは密接な関係があります。マットレスの寝心地が悪いと実感はしていないかもしれません。しかし気がつかないうちに、睡眠を妨げ結果として睡眠障害を引き起こすことがあります。ですからマットレスが体にあっているかどうかをよく確かめましょう。他に原因が見当たらないのであれば、交換して様子を見るのはどうでしょうか。

子供の睡眠障害にはどのような原因があるのか

子供は、遊んだり学校から帰ってきたりすると疲れるものです。そして、遊んだり勉強した分夜はたっぷりと寝ます。
しかし、夜になってもなかなか寝付けない、寝たとしてもすぐに目を覚ましてしまう。という子供は睡眠障害の疑いがあります。
睡眠障害の原因としては、両親の仕事の都合などで家族全員が夜型の生活スタイルになっているということがあげらます。それで対策方法として、子供にはできるだけ早い時間に就寝するように親が気を付けましょう。親が仕事の時間を調整するようにするのも一つの方法です。睡眠障害の別の原因としては、肥満や扁桃肥大なども原因の場合があります。もし、肥満傾向であれば、食生活を改善して標準体重に近くなるようにしましょう。