現代技術の発展により電気が普及してから夜にも仕事をするのに困らない環境が作られてしまいました。
コンビニエンスストアをはじめ、24時間営業のスタイルをとっている店も少なくありません。夜に起きている原因になるのは、他にもあるでしょう。若者など、体力的に余裕のある年代では睡眠にあてる時間を勉学や、自分の余暇の時間に変えてしまう人も存在しています。このように軽視している睡眠ですが、睡眠を損なうと「睡眠障害 体内時計」の関係があるように人の体の中の機能がくるってしまう可能性があります。毎日大きく異なった時間帯で寝ることや、昼夜逆転の生活をしていると睡眠障害に陥りやすいと考えられます。そこで、睡眠時間と睡眠をとる時間帯の設定を各自にして自分の健康管理を睡眠によって調節できるようにするとよいでしょう。

Comments Are Closed!!!