子供は、遊んだり学校から帰ってきたりすると疲れるものです。そして、遊んだり勉強した分夜はたっぷりと寝ます。
しかし、夜になってもなかなか寝付けない、寝たとしてもすぐに目を覚ましてしまう。という子供は睡眠障害の疑いがあります。
睡眠障害の原因としては、両親の仕事の都合などで家族全員が夜型の生活スタイルになっているということがあげらます。それで対策方法として、子供にはできるだけ早い時間に就寝するように親が気を付けましょう。親が仕事の時間を調整するようにするのも一つの方法です。睡眠障害の別の原因としては、肥満や扁桃肥大なども原因の場合があります。もし、肥満傾向であれば、食生活を改善して標準体重に近くなるようにしましょう。

Comments Are Closed!!!