睡眠障害というと不眠症のことだと思われがちですが、その他にも「過眠症」「呼吸障害」「運動障害」など細かく分類するともっと多くの症状があります。眠れないだけが睡眠障害ではないのです。睡眠は人間にとってとても大切なもので、疲労回復はもちろんのことですが記憶の定着、免疫機能の強化などの為にはとても重要な役割を持っているのです。
一番有名なのが不眠症ですが「中々眠れない」「何回も目が覚める」「朝早くに目が覚めてその後眠れない」「熟睡した感じがしない」といったものが挙げられます。過眠症とは夜しっかり寝たはずなのに日中に強い眠気に襲われることを言います。しかしあまりこの症状が出る人は多くないようです。呼吸障害は一時期有名になった無呼吸などが当たり、運動障害は足がムズムズしたりピクピク動くのだそうです。その他にも夢遊病や金縛り、いびきや寝言なども睡眠障害の一つと言えるのです。
中には薬で治療できる症状もあるので一度病院に行き相談してみるのも一つの方法と言えます。
あと、サプリメントも良いと思います。

Comments Are Closed!!!